幻想即興曲♪

こんにちは!
ミナトミュージックサロンのピアノ講師、深作真希です。

今回は『幻想即興曲』について♪

この曲は
即興曲第4番 嬰ハ短調 遺作 作品66です。
みなさんの間でショパンとして呼ばれる
ポーランドの作曲家フレデリック・ショパンが作曲したピアノ曲ですが
ショパンの4曲の即興曲のうち
最初に作曲され、ショパンの死後1855年、
友人のユリアン・フォンタナの手により
『幻想即興曲』(Fantasie-Impromptu)と
題して出版されました!

なのでショパンオリジナル…ではないんです!
びっくりですよね(笑)

ショパンは友人に
「自分が死んだ後にこの幻想即興曲の楽譜は燃やしてくれ……」と頼んだそうです
そして『ダメだ…こんなの気に入らない』と言っていた説がありますが

自分で処分せず友人に託したということは
どこかしら直して世に出して欲しかったのかもしれません…
そこまで読めていたショパン…おそるべしです。
しかもかなりの有名曲にまでなっているなんて

東京都港区のピアノ教室、ミナトミュージックサロン♪
東京都港区のピアノ/ヴァイオリン/フルート/サックス/クラリネット/チェロの音楽教室ミナトミュージックサロンとは、大人も子供もOKの、東京都港区を中心に、ピアノ、ヴァイオリン、フルート、サックス、クラリネット、チェロ等の正統派クラシック音楽レッスンを行う音楽教室です。大人・子供両方OK。JR田町駅から4分、三田駅から5分。品川、浜松町、有楽町、新橋、東京からの生徒さんも多数♪
>> 詳しくはピアノレッスンのページをチェック!

同じく東京都港区にある、アクセス抜群のピアノ・楽器練習室も併設!
>> ピアノ練習室のページはこちら!